ちくわの穴

ちくわの穴から見た世界

E.H.カー『歴史とは何か』

「あの会社は歴史と伝統があって〜」、「歴史は暗記ばかりでつまらん」、「歴史女子、通称歴女が〜」など、日常でも歴史という言葉は多用される。
しかし、そもそも歴史とは何なのだろうか、勝手にそこにあるような自然物なのだろうか。
著者、カーはこれを否定する。
カーによれば、歴史とは、「現代の歴史家と過去の事実との間の相互作用の不断の過程であり、現在と過去との間の尽きることを知らぬ対話」なのである。
つまるところ、歴史家の解釈をふくまない客観的歴史的事実は存在せず、すべての歴史は、歴史家が解釈に基づき事実を作り上げ、そしてその事実により解釈を作り上げるという途切れることのないプロセスによって生まれたというのである。
要するに、歴史は自然に存在するのではなく、歴史家という個人によって、その解釈に基づいてつくられたものなのである。

そして、この歴史家の解釈というものは、決して社会から独立したものではない。
歴史家の解釈は、その歴史家が生きる時代の社会を反映したものとなる。
よって、歴史家によってつくりあげられる歴史もまた、その社会の産物であり、それを的確に反映したものとなるのである。

歴史上の因果関係を求める際にも、歴史家の解釈が大きな役割を果たす。
因果関係の決定に、主観的な個人の解釈などというものが影響を及ぼすなどとは思えないかもしれない。
しかし、こと歴史においては、原因と結果の関係にあるようなものごとが数多く存在する。
たとえば、ある人物、太郎君(仮)がコンビニに行こうとした際に、飲酒運転の車に轢かれたとする。
この場合、事故の原因は、太郎君がコンビニに行こうとしたことであろうか。
そう断言する人はおそらくいないだろう。
歴史上の因果関係を決定するときには、その原因が他の条件にも当てはめられるよう、有効に一般化でき、教訓が得られるかどうか、という目的の基準に照らし合わせているのである。
これは、歴史の相互作用、「現在の光に照らして過去の理解を進め、過去の光に照らして現在の理解を進める」という作用に基づいたものなのである。

また、因果関係が重要な役割を占めるのが科学であるが、しばしば歴史は科学でないと主張される。
カーはこれに異議を唱える。
歴史と科学は、その目的においてもその手法においても、共通の部分があるのである。
まず、その共通の目的とは、人間が置かれている環境についてより理解し、その環境への人間の支配力を増すことである。
そのためにさきほど述べたような、因果関係の決定の基準が役立つのである。
そして、共通の手法とは、問題を提起し、それに答を提示していくということである。
歴史とは、単なる事実の羅列ではないのである。

歴史は、昔あったことをただたくさん書いてあるだけでつまらない、などといった陳腐な文句にはまらず、「現在と過去との間の尽きることのない対話」に参加してみてはいかがだろうか。