読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわの穴

ちくわの穴から見た世界

なぜ僕が数学を学ぶのか

雑記 お勉強

はじめに

以前の記事で述べましたが、僕は今中学数学から学び直している最中です。
高校数学については、高校でほぼ授業を聞いていなかったためほぼゼロからと言っていいレベルです。
そのため、このやり直し学習には非常に多くの時間がかかります。

そこまでの時間をかけてまで、文系である僕が学ぶことに意味はあるのか?とときに疑問を感じてしまうわけですね。
そこで今回、そのような疑問とそれについての一応の答えをこのブログで整理してみようかと。

1.数学を僕が学ぶことへの疑問

①時間がかかる

高校数学に関しては数学1Aからすでにほぼゼロからの学習になるわけです。
さらに出身高校では文系コースに進むと数学Bすら授業を受けないですんだので、完全にゼロからです。
数学的素養もないです。
なのでとても時間がかかるんですね。

その時間をもっと他のことに費やすべきではないか?という疑問ですね。
例えば英語、運動、読書、ビリーズブートキャンプ、、などこれらの活動を行う時間を数学に割くことになるわけですからね。

アメリカの経済学者、マンキューも「あるものの費用はそれを得るために放棄したものの価値である」と経済学の10大原理の一つとして述べています。
数学を学ぶことにともなう費用はビリーズブートキャンプで得られる筋肉の価値なんですね。

②「僕が」学ぶ必要があるのか?

現代社会は分業化社会なわけです。
僕がやらないこと、できないことは人に任せればいいのです。
僕には米は育てられません。数学だってできる奴に任せりゃええやん。

③そもそも数学使うの??

ぼくアホ文系やし、社会でも数学使うんかいね。
よくアホが「因数分解なんて社会出てから使わない」とか騒いでるじゃない。

2.疑問へのとりあえずのこたえ

①時間をかける価値がある

数学には貴重な大学時代の時間を費やす価値があるのではないか。
今数学を学んでおくことは、今バイトをしたり、ビリーズブートキャンプをしたり、合コンに出たりすることよりも、これからの人生にもっと多くの恵みをもたらしてくれるのではないか。

②人に任せるにしろ基礎知識は持つべき

そりゃ確かに高度に専門的な内容に関してまで、自分一人で様々な分野を網羅する必要はないですし、不可能ですよ。
それでも、基礎的な知識、能力は持っておくべきでしょう。
少なくとも高校で学ぶ内容くらいは持ち合わせておくべきだと考えます。

③数学使うよ

いや数学使いますよ。

数学ってある意味言語だと思うんです。
自然科学やさまざまな抽象的事象を取り扱うために用いる言語。
その言語についてのリテラシーを得ることは、より広い世界を見ることにつながっていくと思います。

また、単純に趣味としての数学ですね。
まだ学び始めて少ししか経っていませんが、楽しいですね数学。
実用性云々ではなく娯楽として。
誰にも文句は言わせねえぞ!

まとめ

数学を学ぶ目的、理由について再確認できました。
がんばるぞー。