読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちくわの穴

ちくわの穴から見た世界

とにかく笑える『LOVE理論』

LOVE理論

LOVE理論

最初に書く記事でいきなり本の紹介、しかもLOVE理論という恋愛ハウツー本というのも気がひけるのですが、とにかく面白かったので。
恋愛に興味ない人(います?)にも純粋におすすめです。
では

読んだ目的

もともと水野敬也さんの文章が面白くて好きだったから読もうかと。 その中でも定評のあるLOVE理論をまだ読んだことなかったので読んで楽しい気持ちになろうと思った。

利益

とても笑えました。電車の中でもニヤニヤしていたと思います。
馬鹿げた笑える理論もあったがこれは通用しそうだなという理論もいくつかありました。

内容

モテるための理論をひとつひとつ水野愛也というキャラクターに教えてもらうという形式。
この水野愛也というキャラクターの口調などがとても笑える上にわかりやすいです。
紹介された理論の中でも面白いと思ったもの、使えそうだと思ったものをいくつか紹介してみます。

執着の分散理論

これは好きな本命の女性と話すときにテンパらないための方法。
簡単に言うと、好きな女の前でテンパるのはその女性1人に執着してしまっているからだ、だから一度に多くの女性を攻めることで執着を分散させることでテンパらないようにしようというものです。
この理論自体はなるほどな、という感じなのですが、水野さんの説明の仕方が笑えます。
例として陰毛を用いて説明してるのです。気になった方は是非読んでみてください。これで下品だなとか思う人は読まないほうがいいです。

うわっつらKINDNESS理論

女性の求める優しさはあくまでもうわっつらだけの優しさだとする理論です。
うわっつら優しく見せるための方法がたくさん載ってます。
書かれてることを実行するだけでも効果はあると思いますが、用法用量をお守りくださいね。
うわっつらKINDNESSの一つとして”「寒くない?」と何度も聞く”、というものがあるのですがこれを愚直に受け止めて何度も何度も聞いていたら、、その人自体サムイですよね。

ホーム理論/逆に理論

「ホーム理論」はデートの際、自分が慣れ親しんだ場所を選んだほうがいいという理論です。
そしてそのホームが女性にとってあまり魅力的でない場合に使えるのが「逆に理論」です。
例えば、仮にぼくのホームが秋葉原メイドカフェだとします(仮にです仮に)。
そこにデートに誘うとき普通に「アキバのメイドカフェ行かない?俺馴染みのメイドがいるんだよね〜」などと誘ったら、 よほど相手の女の子が変な子じゃなければ断られますよね。
そこで、「”逆に”メイドカフェ一緒に行かない?」と誘ってみるわけです。
そうしたら相手の女の子も「ああ逆にね、逆に新鮮だしいいかも、うん行きたい!」というふうに返事してくれる可能性が高まるわけですよ。
そしてもし断られても奥の手があります。
もう一度「逆に理論」を用いるのです。
「逆に君がメイドになるっていうのはどう?」
メイドカフェに行くよりも美味しいかもしれませんね。

まとめ

このように理論が使えるかはともかく、内容が非常に笑えるものになっています。
純粋に読み物としておすすめですし、使えそうな理論もあるので是非読んで、気になる理論は実践してみてはいかがでしょうか。
ここまで読んでいただきありがとうございました。