ちくわの穴

ちくわの穴から見た世界

『理科系の作文技術』木下是雄

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

はじめに

再読し、やはり良書だと思ったので書評を書きます。
タイトルには”理科系”とありますが、文系理系問わず文章を書く上で避けて通れないような本ではないでしょうか。
文章を書く上での基本が丁寧に盛り込まれています。

さて、この本を読んだ目的は以下の二つです。
①論理的な文章の書き方を学ぶこと
②そもそも論理的な文章とはどのようなものかを学ぶこと

この本で学んだことは主に以下のです。
①「仕事の文書」の書き方
②主題の絞込の重要性
③事実と意見の区別
④わかり易い表現の方法

内容

仕事の文書とは

作者は「仕事の文書」とは

理科系の人が仕事のために書く文章で、他人に読んでもらうことを目的とするもの

であると定義しています。
そしてその特徴について

読者に伝えるべき内容が事実(状況をふくむ)と意見(判断や予測をふくむ)にかぎられていて,心情的要素をふくまないことである.

と述べます。
この特徴を見るに、理科系の人に限らずこういう文章を書く必要があることは少なくないと思います。
その際にも当然応用できる内容といえるでしょう。

主題の絞込

一文では一つの主題に集中すべきだと筆者は説きます。
何故かと言うと、主題が複数になると、読者に散漫な印象を与えてしまうほか、説得力が低下してしまうからであると言います。
そして主題が決まれば、それを一文で表す「目標規定文」を書くようにすすめます。
向かうべき方向を見失いように頼りにすべきコンパスのようなものですかね。

事実と意見の区別

これも文章を書く上での基本だと思われますが、徹底できているかと問われると難しいです。
この本ではまず事実は何か、ということから説明してくれます。
筆者がこの書の中で定義するところによれば事実とは、

(a)自然に起こる事象(某日某地における落雷)や自然法則(慣性の法則);過去に起こった,人間の関与した事件(某年某地における某氏の出生)などの記述で, (b)然るべきテストや調査によって真偽(それが事実であるか否か》を客観的に確認できるもの

です。
実に厳密ですね。

そしてその事実とそれ以外の意見などを明確に区別せよと言うわけです。
そのための事実の書き方、意見の書き方を丁寧に説明してくれます。

わかり易い表現

筆者は、まず一文はできるだけ短くように心がけるべきことを説きます。
これは長いと何をいいたいのかが分かりにくくなるためですね。

さらには、紛れのない文を書くように心がけるべきことを説きます。
紛れのない文とは幾つもの意味合いに解釈されてしまう可能性のない文です。
文脈に寄って判断できることもありますが、複数解釈が可能な文というのは読んでいてわかりにくいものです。
例えば「イケメンの俺の友達」というフレーズはいくつも解釈ができてややこしいわけです。
イケメンなのは俺なのか、友達なのか、ということですね。
こういう場合は句読点で解決できる事が多いと思います。
「イケメンの、俺の友達」か「イケメンの俺の、友達」かです。

おわりに

一応、小学校から高校まで国語という授業をあるものの、文章の書き方を学ぶ機会はほとんどないのではないでしょうか。
私は今までそのような授業を受けた記憶は一切ありません。
また、学校で書く文章というのは、遠足などの感想や読書感想文などといった作文が主であったように思います。
これでは人に情報を伝える「仕事の文書」を書くための方法論は全く身につけることが出来ないのではないでしょうか。
多くの人がこの本でぜひとも文章の書き方の基本を学ぶべきであると私は考えます。

『戦略的思考の技術 ゲーム理論を実践する』

戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書)

戦略的思考の技術―ゲーム理論を実践する (中公新書)

はじめに

この本を読んだ目的は以下の二つです。
①戦略とはそもそもなんなのか、どのようにして利用すべきものなのかを掴む。
ゲーム理論への入門。
このうち②の目的については多少不十分だったかな?とも思いますが、①については十分学べました。
ユーモアも多く、堅苦しい学術書というよりも肩肘張らずに読める本ですね。
身近な具体例が豊富なため、楽しみつつ理解していくことが出来ます。
また、数式を用いずに説明がなされていることも、僕のような文系人間には大変ありがたいことです。

本の構成

本書は3部11章で構成されています。

Ⅰ 戦略的思考のススメー戦略的思考の基礎

1章  戦略
2章  先読みと均衡
3章  リスクと不確実性

Ⅱ 考えるヒントー戦略的経済分析のキーワード

4章  インセンティブ
5章  コミットメント
6章  ロック・イン
7章  シグナリング
8章  スクリーニングと逆選択
9章  モラル・ハザード

Ⅲ 戦略的に解く身のまわりの経済学

10章 値引き競争
11章 オークション

内容

構成どおり、Ⅰ部では戦略的思考の基礎的部分、Ⅱ部では戦略的分析のキーワード、Ⅲ部では戦略的に身のまわりの経済学について書かれています。
Ⅰ部は基礎であり、もちろん重要なのですが、難しいですね。
Ⅱ部、Ⅲ部は身近な内容で理解しやすい上に興味を持ちやすい内容となっています。
読んだ目的に即していくつか内容についてメモを。

戦略とは

本書では、「戦略的環境において、自分が自分の自由意志のもとにとりうる行動を、その将来の予定を含めて記述したもの」と定義されています。
ちょっとわかりにくいですね。
戦略的環境については「自分の取る行動だけでなく、他のさまざまな人の行動と思惑がお互いの利益を決める環境」と説明されています。
雑ですが、戦略は「利害が自分や他人の行動によって決められる環境で、自分の利益を最大にするための行動計画」くらいにとらえていいのかなあ、と。
つまり戦略を立てる目的としては、自分の利益を最大化するために合理的に行動することが挙げられるのではないかと思います。

おわりに

この本を読んで気づくことは、「普段の生活には思った以上に"戦略"が溢れている」ということです。
企業などが戦略を活用している、というだけでなく、日常生活で我々や友人などの身近な人まで戦略的に思考していることに気付かされます。
戦略という考え方を通して世界を見るきっかけを得ることができる本です。
こういう考え方、世界の見方を提供してくれる本は読んでいるときだけでなく読み終えた後も楽しめるので良いです。

『クリティカルシンキング《入門編》』『クリティカルシンキング《実践編》

クリティカルシンキング (入門篇)

クリティカルシンキング (入門篇)

クリティカルシンキング・実践篇―あなたの思考をガイドするプラス50の原則

クリティカルシンキング・実践篇―あなたの思考をガイドするプラス50の原則

  • 作者: E.B.ゼックミスタ,J.E.ジョンソン,Eugene B. Zechmeister,James E Johnson,宮元博章,谷口高士,道田泰司,菊池聡
  • 出版社/メーカー: 北大路書房
  • 発売日: 1997/09
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 21回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る

はじめに

最近の自分の読書テーマとして、「騙されない」というのがあります。
そのための方法というか原則のようなものをこの本から得られれば、と思ってこの本を読みました。

本の構成

このクリティカルシンキング全体は10章構成となっています。
そのうち前半5章が《入門編》と称されています。
この入門編では、日常における事象の理解、原因の推論に関する諸問題が取り上げられています。
後半5章は《実践編》と称されています。
この実践編では日常における事柄の中でも、実践的・活動的側面について取り上げられています。

本の内容

「クリシン原則」という形で誤った考えに陥らないための方法、ポイントが挙げられていきます。
この原則は上下巻合わせて90にものぼります。
挙げられる具体例は日常的で分かりやすいもので、原則をすぐに実践に応用させていくことが出来ます。
また、本書の各所に「考えてみよう」と題された問題が散りばめられていて、受動的に読むことを避けつつ、復習、実践することが出来ます。

関連する本

このあたりの本とは共通する点や補える部分が多く、両方読むことで理解が深まると思います。
この本の参考書籍の欄に『知的複眼思考法』が、逆に哲学思考トレーニングの参考書籍の欄に『クリティカルシンキング』が載っています。

哲学思考トレーニング (ちくま新書 (545))

哲学思考トレーニング (ちくま新書 (545))

また、このあたりも関連性があるなと思いました。

創造の方法学 (講談社現代新書)

創造の方法学 (講談社現代新書)

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか

おわりに

この本で学んだ原則を実際に日常で実践し、クリティカルシンキングを体に染み込ませていきたいと思います。

『フランクリン自伝』

はじめに

僕は本は同時並行的に読むタイプです。
電車で読むもの、机に向かってじっくりと読むもの、授業で指定されて読むもの、一部分の情報のみを求めて読むもの、定期的に読み返すもの、寝る前に少し読むものなどを並行して読んでいます。

そしてその寝る前に読んでいた『フランクリン自伝』を読み終えたので少しばかり書評を、ということです。

フランクリン自伝 (岩波文庫)

フランクリン自伝 (岩波文庫)

読もうと思ったわけ

フランクリンとアメリカについて知るため

フランクリンって、アメリカの紙幣にも使われているほどのお人ですよね。
でも僕は例によってそんなフランクリンについても何も知らないわけです。

そしてアメリカについても僕は受験科目が日本史であったことも影響して殆ど知らないわけです。
これはまずいぞと、麦茶だと思いこんで飲んだときのコーラくらいまずいぞ、と。

そこでこの本でいくらか知ることが出来たら、ということです。

フランクリンの多才さに驚いたから

これはどこかで知っていたのですが、フランクリンって本当にいろんな事に手を出して成功してませんか??
岩波の表紙に書いてあるだけでも、科学者、出版業者、哲学者、経済学者、政治家、アメリカ資本主義の育ての親、と6刀流ですよ。
六刀流といえばワンピースに出てくるタコの魚人レベルですからね、人間超えてますよ。


f:id:view0128:20161031082824p:plain

最近では一つのことを集中して究めるべき〜だなんてよく聞きますけど、それとは違うあり方をここから学べないかな、ということです。

内容

内容はやはり自伝ですから、フランクリンの子供時代から始まり、そこからの挑戦と成功、失敗が書かれていく、と言った感じですね。

失敗についてはそれほど書かれておらず、全体的に肯定的側面が多く書かれています。
フランクリン自らも「もしもお前の好きなようにしてよいと言われたならば、私は今までの生涯をそのまま繰り返すことに少しも異存はない。」とまで書いているほどです。

そのようにともすれば自画自賛的ともとれるようなポジティブ自伝でも鼻につかないのは、フランクリンの人柄ならではだと思います。
読んでいて、偉くて傲慢そうな印象は持たないんですね、大らかで優しい印象です。

有名な13徳

フランクリンとセットで語られることも多い13徳。
フランクリンはこれを一周に一つずつマスターしていこうとしたようです。

13徳自体も、その身につけ方も両方とも、今でも、そして多くの人に通用するような普遍性の高いものです。

節制、沈黙、規律、決断、節約、勤勉、誠実、正義、中庸、清潔、平静、純潔、謙譲の13個です。
詳しく知りたい人は調べるか、ぜひ読んでみるかしてください。

おわりに

目的であったフランクリンについて知ること、アメリカについて知ることについては前者はかなり達成できますが、後者はやはり不足が多いですね。当然ですが。

フランクリンの多才さの理由としては、フランクリンが自分にできること、自分がすべきことを見抜くのが上手く、それを着実に確実に実行していったことが挙げられるのかな、と思います。

自伝をあまり読んでこなかったのですが他の人の自伝にもこれを機に手を出していこうかと思います。
ありがとうございました。

ぼくとマサチューセッツ工科大学

僕はなぜか、本当に何故かマサチューセッツ工科大学が好きです。
どこが好きなのかと聞かれると困ります。
僕がマサチューセッツ工科大学大学について知っていることは本当に少ないのです。

僕がマサチューセッツ工科大学について知っていることは僕が岐阜について知っていることと同じくらいの少なさです。 つまりほぼ全く知りません。ごめん岐阜。

何を知らないかを語るのが大変なほどに知らないことが多すぎるので、知っていることをいくつか挙げてみたいと思います。

これだけしか知らない
改めて僕がマサチューセッツ工科大学について全く知らないことが明らかになってしまいました。
そのへんのエロ本つっついてる中学生のほうがまだ詳しく知ってそう。
マサチューセッツ工科大学?それお父さんの母校だよ、とか言ってくるかもしれない。
お父さんの母校ってなんかややこしいな、子供からしたら祖母校か?
まあとにかく知らないのです。

それでも僕はマサチューセッツ工科大学のことが好きなのです。
何も知らないけれど好きなのです。
語感はもちろん好きですが、それ以上の何かがきっとマサチューセッツ工科大学にはあるのです。

よく好きならもっと知りたくなるはずだ、って言うじゃないですか。
そしてマサチューセッツ工科大学についての情報なんていくらでもネットその他で集められるじゃないですか。
でも僕はそのようにしてマサチューセッツ工科大学について知りたくないのです。
あくまでも直接的な経験を通して、運命的にマサチューセッツ工科大学のことを知りたいのです。

積極的にマサチューセッツ工科大学について知りたくはないですし、自分から調べるなんてのは何故かしたくないのです。

いつか会社のお金とかでマサチューセッツ工科大学院に留学したい。
いつか会社のお金とかでマサチューセッツ工科大学院に留学したい。
いつか会社のお金とかでマサチューセッツ工科大学院に留学したい。
なんで突然三回言ったかって?
今流れ星落ちましたよ見てないんですか。

数学のやり直し

はじめに

ぼくは文系として数学とは高2あたりでおさらばして以降、数学の授業は昼寝の時間だったんですね。
ただ最近、数学が分からないと理解できないこと、数学がわかると理解が深まることが増えてきたなあ、と感じるのと、思考のトレーニングとして数学は使えそうだな、と思うようになりまして、再学習してみようと思った次第です。
そこで、自分のために学習計画をまとめてみようと思います。

数学を学ぶ目的

経済学を理解するため(微分積分線形代数あたり)
統計学を理解するため 思考のトレーニングのため

学習計画

中学数学

中学のときは数学得意な方だったんですけどね、それでも何年も前のことですしここからやろうかと。
時間がないわけでもないですし。
それに図形に関しては中学から怪しいので克服を、と。
そこで選んだのはこいつです。

増補改訂版 語りかける中学数学

増補改訂版 語りかける中学数学


なんでこれを選んだかって言うと、単純にAmazon等で定評があったからですね。
いま中1部分が終わったところですが、説明がこれでもか!と言うくらい分かりやすいです。
小学生でも理解できそうなくらい。
本当に説明が丁寧な上に、筆者の語りかけ方が優しく、学んでいて楽しいです。
また、中学数学だからストレスなくスラスラ解けるのが非常に気持ちいいですね。
こいつで一通り学んだら問題集で確認してみようかと。
問題集はこれですかね。

さっき時間はあるとは言ったものの、あまり中学数学の問題をたくさん解いていてはいれませんからね。
これでまとめて確認して、理解が微妙な部分があれば語りかける中学数学で再確認していこうと思っています。
苦手な図形に関しては別途問題をやってもいいんですけど、図形に特化したものって少ないですよね。てかあるのかな。

高校数学

高校数学はやさしい高校数学シリーズを使おうかと。

やさしい高校数学(数1・A)―はじめての人も学び直しの人もイチからわかる

やさしい高校数学(数1・A)―はじめての人も学び直しの人もイチからわかる

やさしい高校数学(数III)

やさしい高校数学(数III)


高校数学に関しては他にも候補があって決めかねてる部分もありますね。
例えばこれとか。
長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)

長岡先生の授業が聞ける高校数学の教科書数学 (考える大人の学び直しシリーズ)


これなんかは一度他で学んでからのが良さそうですかね。
新体系・高校数学の教科書 上 (ブルーバックス)

新体系・高校数学の教科書 上 (ブルーバックス)

新体系・高校数学の教科書 下 (ブルーバックス)

新体系・高校数学の教科書 下 (ブルーバックス)


問題集は青チャートか、フォーカスゴールド、あたりが有名なんですかね。
理系科目は一切受験勉強してませんし、学校でもまともにやらなかったので参考書事情に疎いです。

そのあと

その後は微分積分線形代数、統計、あたり必要に応じて深掘りしていこうかな、と。
早くその段階までいきたいですね。
打倒理系って感じです。負けるの悔しい。

まとめ

あくまでも計画は計画です。
適宜修正かけていこうと思うので、これよりこっちの教科書、問題集のがいいよ〜っていうのあったら是非教えてください。
ここまでありがとうございました。

とにかく笑える『LOVE理論』

LOVE理論

LOVE理論

最初に書く記事でいきなり本の紹介、しかもLOVE理論という恋愛ハウツー本というのも気がひけるのですが、とにかく面白かったので。
恋愛に興味ない人(います?)にも純粋におすすめです。
では

読んだ目的

もともと水野敬也さんの文章が面白くて好きだったから読もうかと。 その中でも定評のあるLOVE理論をまだ読んだことなかったので読んで楽しい気持ちになろうと思った。

利益

とても笑えました。電車の中でもニヤニヤしていたと思います。
馬鹿げた笑える理論もあったがこれは通用しそうだなという理論もいくつかありました。

内容

モテるための理論をひとつひとつ水野愛也というキャラクターに教えてもらうという形式。
この水野愛也というキャラクターの口調などがとても笑える上にわかりやすいです。
紹介された理論の中でも面白いと思ったもの、使えそうだと思ったものをいくつか紹介してみます。

執着の分散理論

これは好きな本命の女性と話すときにテンパらないための方法。
簡単に言うと、好きな女の前でテンパるのはその女性1人に執着してしまっているからだ、だから一度に多くの女性を攻めることで執着を分散させることでテンパらないようにしようというものです。
この理論自体はなるほどな、という感じなのですが、水野さんの説明の仕方が笑えます。
例として陰毛を用いて説明してるのです。気になった方は是非読んでみてください。これで下品だなとか思う人は読まないほうがいいです。

うわっつらKINDNESS理論

女性の求める優しさはあくまでもうわっつらだけの優しさだとする理論です。
うわっつら優しく見せるための方法がたくさん載ってます。
書かれてることを実行するだけでも効果はあると思いますが、用法用量をお守りくださいね。
うわっつらKINDNESSの一つとして”「寒くない?」と何度も聞く”、というものがあるのですがこれを愚直に受け止めて何度も何度も聞いていたら、、その人自体サムイですよね。

ホーム理論/逆に理論

「ホーム理論」はデートの際、自分が慣れ親しんだ場所を選んだほうがいいという理論です。
そしてそのホームが女性にとってあまり魅力的でない場合に使えるのが「逆に理論」です。
例えば、仮にぼくのホームが秋葉原メイドカフェだとします(仮にです仮に)。
そこにデートに誘うとき普通に「アキバのメイドカフェ行かない?俺馴染みのメイドがいるんだよね〜」などと誘ったら、 よほど相手の女の子が変な子じゃなければ断られますよね。
そこで、「”逆に”メイドカフェ一緒に行かない?」と誘ってみるわけです。
そうしたら相手の女の子も「ああ逆にね、逆に新鮮だしいいかも、うん行きたい!」というふうに返事してくれる可能性が高まるわけですよ。
そしてもし断られても奥の手があります。
もう一度「逆に理論」を用いるのです。
「逆に君がメイドになるっていうのはどう?」
メイドカフェに行くよりも美味しいかもしれませんね。

まとめ

このように理論が使えるかはともかく、内容が非常に笑えるものになっています。
純粋に読み物としておすすめですし、使えそうな理論もあるので是非読んで、気になる理論は実践してみてはいかがでしょうか。
ここまで読んでいただきありがとうございました。